幻想水滸伝2:悪の日記05(おまけ)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

■おまけ:坊ちゃん関連イベント

前作のデータを継承した場合、ルカに勝ったあとバナーの村に行くと、前作の主人公に会うことができます。ここでコウ君を助けに行く主人公に同行しない場合、バナー〜トラン国境の峠で主人公(グレミオが生きている場合はグレミオも。でもパーティーに入れられるのは前主人公だけ)と再会します。この二人、前作とは別 人としか思えません。しかも仕方ないことですが、前主人公は無口で主体性のない人物に成長しています。

 

■やり直しのきかないポイント

ということで、やり直しのきかない(やり直すためにはリセットボタンを押さなければならない)ポイントはおそらくは以下の通 りです。

●リキマル(たぶんミリーも)を仲間にする前にツァイを迎えに行く
●バラの胸飾りの交換条件でシモーヌに「3回まわってワン」または「お金」を要求
●マクシミリアンが仲間にしてくれと言ってきたとき「無理するな、じいさん」を選択
●ティントの事件後、反省したらしいジェスに 「一緒に戦う気はない」と言い放つ
●自分はアンネリーの居場所を知っているのに、探しにいこうとするアルバートを「がんばってね」と冷たく送り出す
●フェザーに聞き耳の封印球を使わず、ルロラディアに使う


重要そうな選択では、まわりの人間になだめられたりすかされたりで大体素直にやったときと同じ結果 になってしまいます。ストーリーに影響するのはティントでの逃げ出しぐらいでしょうか。でもわたしはどっちかっていうと逃げ出すパターンのほうが好きなんですよね。シュウにはひっぱたかれるけど。(竜口の村を出たときは「フリーズか?」と思っちゃった。もうちょっと何とかしてほしかったなあ)