雷句誠「金色のガッシュ!!」(1)-(33)

小学館が原稿なくしたせいで(?)本屋で買えなくなってしまったっぽいので漫画喫茶で通読。面白いのに、なんかもったいないです。

なんていうか「正しい少年漫画」ってやつだと思います。ギャグの入り方が独特で、好き嫌いもあるだろうと思いますがワタクシは好きですね。「チチをもげ」さいこう。あの歌詞をちゃんとした歌に仕上げてみせたアニメスタッフにも拍手です。

好きなエピソードとしては、

■ブラゴ初登場
清麿の「王を選ぶ戦いのためなんかじゃなく、おまえの幸せを勝ち取るために戦え」発言が熱かったですね。

■キャンチョメ初登場
「弾は出ないのよ!見かけ倒しなのよ!」なんかもう、おまえらの全てが好きすぎる。

■キッド送還
「僕の王様」(´;ω;`)

■ガッシュ、兄貴と和解
これはガッシュがガッシュじゃなかったら成立しなかったお話。ただただ、よかったなとしか言えません。

■ティオの恐ろしい新呪文
モモンを始末したアレがトラウマ。

■アホのビンタをお見舞いよ
ブラゴ大将軍がトラウマ。

■キャンチョメ送還
一番お気に入りのキャンチョメがああああ(´;ω;`)ゴームがあの小鳥さんをずっと持ってるのがまた...その直前の、フォルゴレのカバさんの話もとてもとても好き。

■パピーとルーパー
まさかこいつらに泣かされる日が来るとは思っていませんでしたよっと。

■消えるということはどういうことなんですか
よく考えたらアースだって子供なんですよね...そうは見えないけど。ずっと大人っぽく振舞ってきたアースだから、この台詞はとても印象深いです。

■ウマゴン送還
最初から最後まで、ウマゴンはガッシュのためだけに戦ってきたことを思い出しつつ(´;ω;`)しかしバードレルゴと戦ったときサンビームさんはちょっと調子に乗りすぎていたと思います。

■笑うな!
クリア戦のここはほんとに自分も「笑うな!」って思いました。熱かったです。そのあとダニーが来て、ティオが来て、ウマゴンが来て...あたりまではよかったんだけど、続々みんな来すぎて「全員に見せ場を作らないといけないゆとりの学芸会」みたいになったのは何だかなあ。つかビクトリームは何しに来たんでしょうか。笑ったけど。

最後の方で引き延ばそうとしたり打ち切ろうとしたりでgdgdになってしまった感はありますが、週刊少年誌の漫画としてはきれいに終わったほうだと思います。みんなのその後がちょっぴり描かれてるのも楽しいですね。しかしラスボスが巨大化して宇宙に飛び立ったところで「バーン様...」とか「考えるのをやめた」とか思ったのは内緒です。

移籍後の次作を書店であまり見かけないのですが...売れてないんでしょうか。心配です。