伊図透「銃座のウルナ」(3)

  • date:
  • by
  • category:

知ってる ウルナ?
ウルナの空は 私の空より ずっと青いの
ほんとよ?

2巻まで読んだ時点で、まあこうなるよな...という感じではあったのですが、それでもやはり実際にこの目で見てしまうと辛いものです。

というかまさかここまでの絵面だと思わず昼休みにパスタ屋で読み始めてしまい、前半はエロスだわ後半は阿鼻叫喚だわで昼間に読むものじゃなかったと後悔。でも止められなくて最後まで読みました。根性で。

最初は見た目も残念性格も残念と思ってたカレットが今はとても可愛く見えてきて、口は悪くても仲間思いの彼女のささやかな夢が叶わなかったことがとても悲しく思えてきました。

■ウルナはとうとう認識票をはずしてヅードの本当の姿を見てしまったわけですが、ボウミ隊長が見逃してくれて助かった...んだろうか
■ヅードが人間であることはみんな薄々気づいてたのね
■サリーは色々アレだけど、彼女には彼女の優しさがあるんだなあ(小並感
■資源が発見されて突然重要地になったあの島を彼女たちは去ることになったわけですが、次の任地はどんなところやら

mimio_2017ny_01.jpg

気がついたら2017年も始まって2週間。月日が経つのは早いですね。3日から仕事だったので全然休んだ気がしない上に今年のカレンダーときたらリーマンを絶望の淵に叩き落とす鬼畜っぷりで祝日が土曜に食われまくりです。心なしかみみおさんも悲しそうです。嘘ですヤツの憂鬱はへんなもの着せられてるせいです。

【年末年始のヘビロテ曲集】

■ハチミツ(赤い公園)原曲:スピッツ
→スピッツで唯一好きな曲。しかもこのカバーのほうが好き。スピッツごめん。
■LAY YOUR HANDS ON ME(BOOM BOOM SATELLITES)
→このバンドは知らなかったけど、メンバーの方が亡くなったニュースのとき聴いてみたらよかったのでそのまま聴いてる。ご冥福をお祈りします。
■シオカラ節(Splatoonストーリーモードラスボス曲)
→新作Switchか...迷うなあ。ちなみに愛用のブキはダイナモローラー。シオカラーズはアオリ派。
■Last Train Home(Pat Metheny Group)
→最近だとジョジョ3部でエンディングに使われたので知ってる人が多いかもしれない大昔の名曲。ラジオ番組PAZZ&JOPSのエンディングで分かる人はかなり年取ってる。
■カレッジ・ブランジョ(ヤドランカ)
→去年亡くなったヤドランカの曲で、アルバムも持ってるけど好きなのは今となっては入手困難なCMバージョン。確か当時はご本人のサイトでMP3を公開してて、そこから頂いたはず(よくおぼえてない)。

三宅乱丈「イムリ」(20)

  • date:
  • by
  • category:

タイターの言うとおり、このままじゃ誰も幸せになれないと思うのですが...

チムリのお父さんはひどい火傷ですが何とか生きて再会できてよかったです。この巻で唯一よかったことではないでしょうか。お父さんはデュルクを恨むことなく、やさしい言葉をかけてくれました。

そして心配で仕方がないのが知らないうちに戦争の火種を作っちゃったヴィテジさんと捕虜になってボッコボコのドネークさん、そしてなし崩し的に全面戦争になってしまったイコルたちです。

■ヴィテジはイコルたちの中にイマクがいることに気づいた
■ミューバはガラナダに殺られそうな気がしてきた
■トパロ長はヴィテジを守ってくれるのか
■ニコは正気に戻れるのか
■昔デュルクとミューバのお母さんが夢に見た光景がここにあるんだが...
■当時はその光景がこんな状況だとは想像してなかった

過激派と穏健派というのはこうもわかりあえないのかと思いましたが、歴史が証明する通りやっぱりわかりあえないよな...。

夏に通販で時計を買ったhhstyleさんがサーバを乗っ取られ、個人情報をお漏らししちゃいました。以前は廃番の椅子のキャスターを取り寄せていただいたり色々お世話になっただけに残念です。

11月4日、下記のようなとても怪しいメールが届きました。

fig1_1611.jpg

ヘッダを確認したところホストがhhstyle.comになっており、あたかもhhstyle.comから送信したかのような感じです。また、文中のURLも偽装URLではないようでした。hhstyle.comの中にフィッシング用のページが作成され、その中に外部サイトが埋め込まれていてクレカ情報を収集するようになっていたようです。(怖くて踏んでないのでtwitter情報ですみません)日本語が怪しいのでバレたとも言われていますが、そもそも内容がおかしいので日本語が正しくても詐欺メール以外の何物でもありません。

この時点で思ったのは、

1.文中に自分の本名が明記されていた→名前とメールアドレスが確実に漏れている
2.ヘッダ及びURLから、サイト自体が乗っ取られている可能性が高い

ということでした。追って「そのメールは偽物だー!削除して!」というメールが届きましたが、こちらは外部のメールサービスを使用して送られたもので、ドメインを確認するまではむしろこちらのほうが偽物臭くさえ思えました。

そこへ追い討ちをかけるように、11/6になって2発目の業者メールが届きます。

fig2_1611.jpg

これまた怪しすぎる内容です。もちろんお詫びを装った詐欺です。まだサーバを握られています。土日だから誰も対応しないのかと思いましたが、実はこの時点で対応はしており、そしてそれが全然役に立っていなかったのだということが後に判明します。

11/6の夕方、本物らしき(もう何も信じられない)お詫びメールが届き、公式サイトにお詫びと説明が掲載されました。

どうにもふわっとした説明で、信用してお預けした個人情報をお漏らしされた身としては納得できかねたので返信は不要としつつ問い合わせをしてみました。

1.漏洩した情報は個人名、メールアドレス、住所、電話番号等と思われるが漏洩の範囲を教えてほしい
2.どのように安全性を確認したのか、もう大丈夫といえる根拠は何か、クレカ情報は保持していないとのことだがクレカ決済の委託先と詳細な流れを教えてほしい
3.個人情報保護の専門家に相談したとのことだが本当に専門家に相談してこの対処なのか、今の状態で誕生日を記載してメールを送るとか怖すぎる

クレカ情報の取扱いについてはメールで詳細な委託先サイトのコピペを送っていただき、専門家というのはIT担当者と弁護士さんのことらしいということがぼんやりとわかったのですが、それ以外はサイトを更新するから見てね☆ということでした。それはまあいいのですが、11/7の夜8時現在の経緯説明はこんな感じです。

fig3_1611.jpg

どんどん上書きされているようなのでスクショで残しておきます。これもあんまり褒められたやり方じゃなく、履歴を残したほうがいいです。

個人的な感想としては、個人情報保護の専門家(本物)に相談していたらこの対処はありえないです。11/4の時点で、ちゃんと調査せず憶測で管理者パスワードを変えアクセス制限を厳しくしただけで終わっており、結果11/6に再度自サーバに設置された不正プログラムから2通目の詐欺メールを送られてしまっています。

完全に解決するまでネットワークを遮断するべきだったと思いますが、不十分な対処のままオンラインショップも再開してしまっています。どういう運用をしていてなぜ侵入されたのか、これからどのように安全性を担保するのか、何も明確になっていませんし、根性論みたいな対処法だけではやはり信用できません。

また、想定される漏洩情報の範囲と規模なども問い合わせていますがサイトにもメールにも明記されておらず、どちらにも情報管理責任者の名前すら出していないのも無責任に感じます。対策も「毎日パスワード変えます」「アクセス制限厳しくします」でお話になりません。やる気は認めてあげたいですが、毎日パスワード変更とか本当にこれからずっと運用できるのでしょうか。毎日、「今日のパスワードは4649(仮)ですよー」とメールで回したり、今日はpassword1107、明日は password1108...みたいなことになりそうです。

正直これは、セキュリティ事故対応の失敗例として後世に残りそうなやっちゃった感でございます。今からでも遅くないので、ちゃんとしたコンサルを入れたほうがいいのではないかと心配になりました。

尚、他のspamが来るようになった方もいらっしゃるようですが、当方には今のところ来ておりません。来ないことを祈っていますが、おそらく個人名、メールアドレス、住所、電話番号、ログインパスワード、会員IDは確実に売られてると思うので、そのうち怪しい日本語のお手紙が来るかもしれません。ほんと、どうしてくれようかコレ。

市川春子「宝石の国」(6)

  • date:
  • by
  • category:

造った物の終わりまで
考えてはいなかった

そうですね?

現れた部屋はおそらくかつての先生の部屋なのでしょうが、先生が「そうですね?」と呼びかける相手は誰なのか、また謎が増えてしまいました。

しかしこれは...フォスって呼んでいいのか?

【初期型】よわい
フォスフォフィライト100%

【フォスMK2】はやい
両脚を貝殻とアゲートの組み合わせ細工に換装

【フォスMK3】つよい
主に両腕を金と白金の合金(液状)に換装、体内にも貯蔵していると思われる(身体のサイズが大きくなったbyレッドベリル)

【フォスMK4】かしこい?
ついに頭も換装、ラピスラズリの頭部を装着し現在はフォスフォフィライト+貝殻+アゲート+金と白金の合金+ラピスラズリの複合体

6巻はくっつける話が出たところまでですね。フォスの頭、ラピスの身体が同時に戻ってくればいいのですが、どちらかだけ先に戻ってきたらどうするのでしょうか。

伊図透「銃座のウルナ」(2)

  • date:
  • by
  • category:

2巻の装丁は普通でした...。やっぱり扱いづらかったのでしょうか。

そういうことか!というのと、いやしかしどうやって?というので頭がグルグルします。ヅードはかなり人間に近い姿のようなのですが、どうやってヅードだけを識別しているのか。ゲームでよくあるグラ差し替えみたいに、網膜に映る映像を上書きしているのでしょうか。かなり難度高い技です。

■ラトフマいわく、耳の認識票は視覚や嗅覚に介入し「ヅード」の姿だけを醜悪で臭い歯茎に置換している
■ウルナが1巻で嗅覚に異常を感じたのはこれのせいか
■現在名前が判明しているのはラトフマの恋人とおぼしき「ラドー」のみ
■ラトフマの目には「ラドー」は見とれてしまうほど美しい金髪の青年に見えているらしい
■認識票を外しているのはラトフマだけなので実際のところはわからないが、おそらくチルモの翼から落とされた彼女を助けたのはラドーで、ウルナはぼんやり例の歯茎に重なった人間の人影のようなものを見ている

ラトフマはなぜあそこまでウルナを煽ったのでしょうか。恋人の妹を殺したものだから、という以上の何かどす黒いものを感じます。そして、ラドーが反対したのでしょうが、なぜ殺さずに帰したのでしょうか。ウルナを殺して海に捨てておいて何食わぬ顔で基地に帰るのがおそらく最も安全だっただろうと思いますが、ウルナが生還した今、もう彼女はレズモアに帰れそうにないですね。

Louvre No.9

  • date:
  • by
  • category:

台風の夜六本木へ。

同じフロアでジブリもやってたので入り口は大変なことになっていましたが、会場に入ると係のお姉さんしかいませんでした。入り口からは上映室を通って会場という流れなのですが、入ったら上映室に一人きり。係のお姉さんが私だけのために諸注意事項をお話してくれますが、謎のテーマソングby米津玄師がうるさくて何も聞こえません。

数分程度のショートフィルムを見て、反対側のドアから会場へ。会場内には若干人がいて、何故かホッとしました。

nike1608.jpg

入ったところにはこんなオブジェが飾られていて、ここと出口側の二箇所のみ写真OKとのこと。

【France】
Christian Durieux
David Prudhomme
Etienne Davodeau
Loo Hui Phang, Philippe Depuy
Jean-Claude Carrière, Bernar Yslaire
Enki Bilal
Éric LIberge
Marc-Antoine Mathieu
Nicolas de Crécy

【日本】
谷口ジロー
荒木飛呂彦
松本大洋
五十嵐大介
寺田克也
ヤマザキマリ
坂本眞一

「岸辺露伴ルーブルへ行く」は仏語版を持ってるのですが、残念なのは時間切れで荒木飛呂彦インタビューを見られなかったことでしょうか。エンキ・ビラルは漫画というより絵物語になっており、出口に単行本も売っていましたが全部読むと鬱になりそうなのでやめました。よくできてるんですけどね。

ニコラ・ド・クレシーのiPhoneケースとかまさか売ってると思わず、こないだ会社でiPhoneが支給された時普通のケースを買ってしまったのが何とも残念です。デザイン的には五十嵐大介のがキレイでした。

no9_1608.jpg

出口の写真OKスペースにあった米津玄師さんのイラスト。可愛いです。マグカップとかあったらしいのですが売り切れでした。メモ帳は大量に残ってたけど、モノクロなんだよなー。

Deux ou trois choses que j'ai vu aux restaurants Indien

  • date:
  • by
  • category:

近所のインド料理屋が閉店となったのですが、不穏な張り紙で騒然となっています。元従業員の皆さんによれば、数年間給与未払(まったくの未払いではない様子)が続き、急に解雇されて20日に立ち退きするよう言われているとのことです。

このお店ですが、一度入ったことがあります。すごい近所なのに、カレー大好きなのになぜ一度なのかといえば、とても感じの悪いお店だったからです。その一度ですら注文する前に食べずに出ましたwwwほんと草生えるレベルでwww

その際の体験ですが、オープン間もないのに常連客とおぼしいおっさんたちが奥にたむろしており、店員とずっと話をしています。一見の客は出口前の席にぎゅう詰め>真ん中にスペース>奥に常連という感じで、寒い季節だったのでドア前の女性客はとても寒そうに上着を着たまま座っていました。もちろんわたくしもドア前の小さなテーブルを指さされて着席です。

寒いしさっさと食って出たいのに誰も注文を取りに来ないし、上着の女性が手を上げて呼んでいるのに無視されています。そのとき、奥にいた店員がドアに向かってきました。ようやく注文をとってもらえるのかと思えば、いきなり彼はドアを開けました。外気を入れたかったようです。奥は暑かったんですね。

上着の女性がすかさずドアを閉めると、店員がまた開けに来ました。呆れたしまだ何も注文できてないので「帰るわ」といって出ようとしたら「席料」と言われました。水も出てないのに。「水も出されてないし注文もさせていただいてないですが」と言ったら黙ったので帰りました。そんなお店でよく10年近くもったものです。いつもガラガラでした。

ついでなので、他の店での体験も書いておきます。

■近所のとんかつ屋が廃業したあと入ったカレー屋
シーフードカレーを注文したら「カランカラーン」と大きな音がして、思わずカウンターの向こうの調理場を見たら、凍らせて幾歳月の厚い氷の層に包まれた冷凍ミックスシーフードを雪平鍋に投入していました。そこへ作りおきのカレーを投入して30秒で出てきたシーフードカレーはエビもイカも冷凍焼けしてスカスカ、半解凍でシャリシャリしてました。数ヶ月で焼き鳥屋に変わりました。

■池袋のチェーンのインド料理屋
カウンターでカレーを食べていました。味は普通。テーブルの客が注文したタンドリーチキンが調理される様子を見ていたところ、盛りつけるとき手が滑ったのか床にチキンが落ちました。そのまま流れるような動作で皿に載せ、何事もなかったようにテーブルに運んでいきました。

インドカレー、大好きなのになぁ...。いま胃潰瘍でカレー禁止なので治ったら食べに行きたいけど、どこへ行けばいいのか。カレー難民の苦悩は続きます。

平野耕太「ドリフターズ」(5)

  • date:
  • by
  • category:

一年半ちょっとぶりくらい?

勉強は得意なのだ
ハンニバルにも追いつけた
2000年を追いついてみせる

特装版買っちゃいましたよ...DVDで丸々40分ぐらい、30分アニメの正味2話分ついて1728円(税抜1600円関ヶ原プライス)は出血大奉仕といったところでしょうか。肝心のアニメの出来はビミョー。駄目ではないけど、頑張りは認めるけどうーむ。

今回もう○こ大活躍でしたが、う○こ談義を長々と聞かされ、「顔以外大嫌い」と罵られた挙句に食料と金をたかられたシャイロックさんが不憫です。やればいいのにELF48劇場。

相変わらずおひいさまが有能だったりドーテー人間が増殖してたり、ていうかドーテー人間超有能。たぶん最後にこれ役に立つよね。

一方、グ=ビンネンでは多聞さんと菅野さんとスキピオさんが会っちゃってこちらも大変なことになりそうです。

次は2017年末ぐらいには出るといいなー...。

三宅乱丈「イムリ」(19)

  • date:
  • by
  • category:

前回の気になる引きから、あれよあれよという間に反乱のシンボルとなってしまったイマク。あんなやさしい子が...

イマクの彩輪はずっと隠してきてたのでしょうかね。彩輪違反がバレたらまずい、という話が以前にあったと思うので、見つからずに隠し通すのはけっこう大変だったのではないかと思います。

もともとイコルのほうが彩輪が強い設定だったはずなので、これからもバッシュンバッシュンとカーマの皆さんを殺しまくりの予感です。

そしてイコルたちを区別するのがかなり大変です。みんな坊主だし服装もおそろいだし。着替えてもおそろいだし。髪鎖職人の弟くんはぶっせんの正助みたいな目をしてるのでなんとなくわかります。男気あふれる兄のほうはイマクに何をされたのかよくわからないままです。最初が誘導彩輪、兄には促迫彩輪をオンしたってことか...? イマクが喋れないので仕方ないのですが、イコル区パートは正直説明が足りない感があります。ガヴィド来てくれ...。

急展開のイコル区に対して、デュルクたちのほうは全然話が進みませんな...。

我に返ったらしいニコ、だが目がヤバイ。デュルクとニコは仲直りできるのか。チムリは大丈夫なのか。正直、脇役の皆さんの生死が次第にわからなくなってきました。ちょっと14巻あたりから読み直さないと...。

色々気になるまま、また半年待ちです。