Deux ou trois choses que j'ai vu aux restaurants Indien

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

近所のインド料理屋が閉店となったのですが、不穏な張り紙で騒然となっています。元従業員の皆さんによれば、数年間給与未払(まったくの未払いではない様子)が続き、急に解雇されて20日に立ち退きするよう言われているとのことです。

このお店ですが、一度入ったことがあります。すごい近所なのに、カレー大好きなのになぜ一度なのかといえば、とても感じの悪いお店だったからです。その一度ですら注文する前に食べずに出ましたwwwほんと草生えるレベルでwww

その際の体験ですが、オープン間もないのに常連客とおぼしいおっさんたちが奥にたむろしており、店員とずっと話をしています。一見の客は出口前の席にぎゅう詰め>真ん中にスペース>奥に常連という感じで、寒い季節だったのでドア前の女性客はとても寒そうに上着を着たまま座っていました。もちろんわたくしもドア前の小さなテーブルを指さされて着席です。

寒いしさっさと食って出たいのに誰も注文を取りに来ないし、上着の女性が手を上げて呼んでいるのに無視されています。そのとき、奥にいた店員がドアに向かってきました。ようやく注文をとってもらえるのかと思えば、いきなり彼はドアを開けました。外気を入れたかったようです。奥は暑かったんですね。

上着の女性がすかさずドアを閉めると、店員がまた開けに来ました。呆れたしまだ何も注文できてないので「帰るわ」といって出ようとしたら「席料」と言われました。水も出てないのに。「水も出されてないし注文もさせていただいてないですが」と言ったら黙ったので帰りました。そんなお店でよく10年近くもったものです。いつもガラガラでした。

ついでなので、他の店での体験も書いておきます。

■近所のとんかつ屋が廃業したあと入ったカレー屋
シーフードカレーを注文したら「カランカラーン」と大きな音がして、思わずカウンターの向こうの調理場を見たら、凍らせて幾歳月の厚い氷の層に包まれた冷凍ミックスシーフードを雪平鍋に投入していました。そこへ作りおきのカレーを投入して30秒で出てきたシーフードカレーはエビもイカも冷凍焼けしてスカスカ、半解凍でシャリシャリしてました。数ヶ月で焼き鳥屋に変わりました。

■池袋のチェーンのインド料理屋
カウンターでカレーを食べていました。味は普通。テーブルの客が注文したタンドリーチキンが調理される様子を見ていたところ、盛りつけるとき手が滑ったのか床にチキンが落ちました。そのまま流れるような動作で皿に載せ、何事もなかったようにテーブルに運んでいきました。

インドカレー、大好きなのになぁ...。いま胃潰瘍でカレー禁止なので治ったら食べに行きたいけど、どこへ行けばいいのか。カレー難民の苦悩は続きます。