三宅乱丈「イムリ」(21)

  • 投稿日:
  • by

ラルドの言葉がデュルクの、イマクの、ヴィテジの中に生きていることはうれしいんだけれども、それを信じて行動した結果がどう考えてもいい方向に転がるような気がしません。

ニコはようやく正気に戻りそうではあるのですが、イムリとイコル、ニコとデュルクの不協和音は改善するのか、まだ色々諦めていないドネークの企みは成功するのか、相変わらず自分のことしか考えていないミューバと胃に穴があきそうなガラナダも近いうちにどうにかなってしまいそうです。ヴィテジは何となくですが逃げないような気がしています。逃げたほうがいいとは思いますが。

ミューバの呼びかけは明らかに罠でしょうが、デュルクに行くなといっても無駄だろうし、さあどうなることやら。