みみお、天国へ旅立つ (4) : 2/1の話

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

※自分の気持ちを整理するために書きます。分割しますがくっそ長いし、ペットを失ったというだけの話なので読まなくていいです。

土曜日。片付けのスピードが鈍ってきました。あとは陶器と金属類を分別ゴミに出し、うさぎ雑誌を資源ごみに出すぐらいですが、それでも家のあちこちにみみおの痕跡が残っています。

掃除しても掃除しても取り切れないみみおの毛(通称みみ毛)、なぜこんなところに...という場所に落ちているわら屑、ケージの横のキャビネットに貼り付けてあった温湿度計、毎週体重を測っていたキッチンスケール。

しばらくは、悲しくなったら片付けたり掃除したりして過ごすことになるでしょう。これまでかなりひどい状態だったこともあり、みみおが片付けろと言っているのだということにして掃除をがんばる予定です。でないと、もう何をする気力もなくなってしまいそうです。

通販のカートにみみお用の「赤ちゃんのおしりふき」が入っていることに気が付き、さっき削除しました。

寝室で寝ようとしてワラが背中に突き刺さることはたぶんもうないでしょう。旅行の話になったとき、「いやーうちペットいるから旅行は難しくって」となぜかちょっぴり自慢げに答えることも、もうないでしょう。残業や飲み会で「9時過ぎた...みみお怒ってるだろうな」と心配する必要もありません。焼魚やお好み焼きを作るとみみおがいつもカンカンに怒ってトイレの外でジャーっと粗相しましたが、これからは魚も焼き放題です。そのことが、とても寂しいです。

今回のことをきちんと消化するには、まだまだ時間がかかりそうです。今はなんとなくガラスの金魚鉢をかぶったように色々なことがぼんやりしており、そのまま普通に同僚と談笑し、取引先と仕事の話をしていますがどこか現実味がなく、事象を受け入れられていない感じがします。

明日か、3ヶ月後か、3年後かはわかりませんが、自分の中で本当に今回の出来事を受け入れることができたとき、改めてみみおのために泣いてやろうと思います。

【残すことにしたもの】
HDDの写真類、以前作った「みみお学習帳」、毎週体重をつけてきたノート
お迎えするとき受け取った血統書の入ったファイル(ここにカルテ類も収納)

このあたりは扉付きのキャビネットに収納してとっておくことにしました。お骨は今は書棚の上の方の段に置いていますが、今朝大きめの地震があったりしたので落下対策を何か考えないといけません。私自身が死んだときにはみみおの骨と一緒に散骨してもらいたいので、もうすこし気力が戻ったら実家に久々に連絡してみようと思います。

あとは、葬儀のとき作成をお願いした、お骨と石英ガラスを焼いたアクセサリが1ヶ月ほどで届くので、しまう場所を確保しないといけません。家の片付けをがんばります。ていうか、そろそろちゃんとご飯を食べないといけないので、うどんでもゆでてきます。